ブログ 水の旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 山形で開催された第21回日本集団災害医学会に行ってきました

<<   作成日時 : 2016/02/29 22:25   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

 とても東北の日本海側にある山形県とは思われない好天の中、第21回日本集団災害医学会が開催されましたので行ってきました。
 この日本集団災害医学会では昨年に続き、2回目の講演の機会をいただきました。
 昨年は立川市で開催され、「震災時鍼灸ケアシステム」という演題名でパネルディスカッションのメンバーとして参加しました。

 今回もパネルディスカッションでの参加でしたが、テーマが「多職種連携の未来」で、「体性-自律神経反射からみた災害時鍼灸医療」という演題名で講演をさせていただきました。
 その他の職種のパネラーは、医師、柔道整復師、栄養士で、職種の特性や活動報告をされました。
 このセッションでは、鍼灸師はどのような医療を提供できるのか、それを西洋医学の立場の先生方にもわかりやすいよう、生理学的に鍼灸の作用機序をご説明しました。

 多職種連携をするにしても、他の職種がどのようなことができるのか、お互いを知り合う多職種間連携教育(IPE:Inter Professional Education)は必要です。この点は、地域包括ケアでも同じです。
 今回の講演でも、平時の地域包括ケアシステムと災害時での地域システムの近似性と関連性を紹介し、最後のセッションのまとめでも多職種間連携教育の実施を提案させていただきました。


画像

 日本集団災害医学会も展示会場があるのですが、他の医学会と違うのは救急車の展示が多いことです。見ていて、かっこいいなと思いました。


by 一寸法師ハリ治療院

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
山形で開催された第21回日本集団災害医学会に行ってきました ブログ 水の旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる