ブログ 水の旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 第50回東北鍼灸学会学術大会福島大会が開催されました

<<   作成日時 : 2016/09/22 22:10   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

 9月18日と19日の連休に、東北鍼灸学会学術大会福島大会が郡山市にある「ビッグパレットふくしま」において開催されました。
 東北鍼灸学会なので東北6県で持ち回り開催されるのですが、今回の福島大会では、テーマや内容が良かったので、遠くは熊本県からも参加者がいました。
 今大会は、第50回という記念大会で、東北鍼灸学会では初となる分科会形式やワークショップもおこなわれ、記念大会にふさわしい内容になりました。

 私が関係したのはポスターセッションで、通常の順送りで発表するフレックス形式だけではなく、ポスター発表後も長い時間参加者とディスカッションするコアタイム形式の要素も取り入れたものでした。いわば、ポスター発表とワークショップが合体したような感じです。


 初めての取り組みでしたので発表者には戸惑いもありましたが、いざディスカッションの時間に入ると、今まで抱えていた問題点がフロアーからのアドバイスで解決の方向に進む様子がうかがえました。
 今までの大会では、一般口演発表後フロアーから質問がいくつかあるのですが、尻切れトンボのように終わってしまい、質問者も他の参加者もわからない点を残したままのことが多かったです。
 発表者と参加者が同じ問題点を共有し、問題解決の方向に向かう。そして、共有した問題点を記録として残し、さらに他の参加者も伝える取り組みです。
 参加者が意見を述べあうことは珍しいのか、時間を超過しても各ポスターの前ではディスカッションが続いていました。



<<第50回東北鍼灸学会学術大会福島大会プログラム>>
特別講演1
 「女性がスポーツとうまく付き合うために」
 福島県立医科大学附属病院
  性差医療センター部長 小宮ひろみ 先生
特別講演2
 「日本鍼灸のこれからを考える」
 福島県立医科大学会津医療センター附属病院
  副院長 三潴忠道 先生
実技講演
 「ダイナミックロト・セラピー」
  ダイナミック・ロトセラピー創始者 溝口哲哉 先生
講演
 「スポーツ外傷に対する初期治療から復帰まで」
  日本オリンピック委員会医科学強化スタッフ 大高茂 先生
講演
 「運動における呼吸の役割と鍼灸の影響について」
 福島県立医科大学会津医療センター
  漢方医学講座准教授 鈴木雅雄 先生
ポスター展示・発表
 「東北各師会のスポーツ鍼灸の取り組み」
東北ブロック青年部ワークショップ
 「スポーツ鍼灸ムーブメントを起こすために」
 公益社団法人 全日本鍼灸学会
  スポーツ鍼灸委員会委員長 古屋英治 先生
市民公開講座
 「経絡ストレッチのすすめ」
 帝京大学医療技術部スポーツ医療学科
  非常勤講師 朝日山一男 先生



 大会内容の充実だけではなく、運営の評価も高く「福島県の真似はできない」という声を多く聞きました。それだけ、過去50年間の中でも一番充実していた大会といえるでしょう。

画像

 大会が終了し、実行委員一同が集まって記念写真を撮り、みんなと一緒に成功を祝いました。


by 一寸法師ハリ治療院

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第50回東北鍼灸学会学術大会福島大会が開催されました ブログ 水の旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる