ブログ 水の旅人

アクセスカウンタ

zoom RSS 学問と医学の神様と東京大学での鍼灸学術大会

<<   作成日時 : 2017/06/12 21:57   >>

トラックバック 0 / コメント 0

画像

 6月10日と11日に、東京大学で第66回公益社団法人全日本鍼灸学会学術大会全国大会が開催されましたので出席してきました。
 東京大学の敷地は広く、7つの建物で10の会場を使っての開講がされました。徒歩での移動に時間がかかりますが内容も充実し、また日頃探索できない構内を歩くことができますので、みなさん楽しまれて参加されていました。
 大会2日間、関心のある講座やポスター発表を拝聴しましたが、東大のまわりには医学の神様や学問の神様が祀られていますので、大会前と後に足を伸ばしてみました。
 上の写真は開会式や大きな講演がされました安田講堂です。



画像

 大会前に訪れたのは、上野公園の中にある五條天神社です。
 五條天神社には医薬の祖として、少彦名命(すくなひこなのみこと)が祀られています。


画像

 もともとはアメ横の入り口にありましたが、関東大震災の復興のためなどの理由で、現在の地に移られたそうです。今はその名残を示す看板が立っています。

画像

 学問の神様といえば東京大学の近くの湯島天神で、菅原道真公のご神霊に対する天神信仰は有名です。この日も修学旅行の中学生でしょうか、多くの学生が先生に連れられて参拝に来ていました。



 大会2日目、多くの講座を受講し歩き疲れた足ですが、帰路につく前にお茶の水まで足を伸ばして湯島聖堂と神田明神をお参りしました。
画像

 湯島聖堂には、儒教の祖として有名な孔子像が建っています。ちょっと前屈みになられて、優しい笑みを浮かべておられます。この湯島聖堂には、東洋医学の祖とされています神農も祀られています。

画像

 道路を挟んで向かい側には江戸の総鎮守の神田明神があります。神田明神にも恵比寿様として少彦名命が祀られています。

画像

 こちらの少彦名命はお椀のようなものに乗っています。
 当院の名前に使わせてもらっています一寸法師のモチーフは、少彦名命といわれています。そうした物語を連想させてくれます。



 日本の最高学府の東京大学で学術の研鑽に励み、みなさんの健康増進をご祈念してきた今回の全国大会でした。
(学術大会では会場内の撮影は禁止されていますので、講演の模様はご紹介できません)



[関連ブログ]
 一寸法師、少彦名命に会いに京都五條天神宮へ行
 ロハスな休日 −大阪道修町の神農と少名彦命を尋ねて−
 ロハスな休日 −梅薫る東京湯島の神農廟を望んで−



by 一寸法師ハリ治療院


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
学問と医学の神様と東京大学での鍼灸学術大会 ブログ 水の旅人/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる